シェアリングエコノミー協会 パソナと地方創生実現に向けた包括的連携協定締結

2016/11/22News Release

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社重松が代表理事を務める一般社団法人シェアリングエコノミー協会(本社:東京都品川区、代表理事:上田祐司/重松大輔)は、株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長COO 佐藤司)とシェアリングエコノミーを活用した地域の課題解決・産業振興を目指す『地方創生実現に向けた包括的連携協定』を1121日(月)に締結いたしました。

当包括協定を通じて、シェアリングエコノミー協会とパソナは、地域に眠っている様々な遊休資産(空間、乗り物、モノ、人のスキル等)をシェアリングエコノミーを活用して提供していくことで、地域課題を解決しながら、地域に新たな雇用と経済効果を創出してまいります。シェアリングエコノミーにより、地域のユニークスペースやシャッター商店街等を新たな観光資源として、これまでの観光サービスとは違った新しい体験を提供したり、アクティブシニアを新たな人的資源として子育て、家事代行、観光ガイドサービス等を提供するなど、地域の人と資産を活かした新しい産業振興、雇用創出に取り組んでまいります。

dsc05262

JoinUs

私達と一緒にスペースマーケットを作っていきませんか?
スペースマーケットのビジョンに共感し、
共にチャレンジする仲間を心からお待ちしています!

採用情報