スペースマーケットがミッションをアップデート 「スペースシェアをあたりまえに」

2020/7/27Release

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペースマーケットは、これまで以上の成長を実現するためにコーポレートミッションをアップデートしました。
合わせて「サスティナビリティへの貢献」も策定しました。事業を通じて持続可能な社会の実現にも貢献します。

 

 

▼新ミッション「スペースシェアをあたりまえに」

「何かやりたい」と踏み出すその一歩は、どんなに小さなことでもチャレンジです。
私たちは、スペースシェアを通じて誰もがチャレンジできる社会を目指します。

スペースには、一般的な不動産価値では測りきれない価値があります。バリエーションに富んだ世界中のスペースは日々チャレンジの舞台となり、多様な体験を生み出すことで真の価値を発揮します。

「はたらく」「あそぶ」「くらす」のあらゆるシーンにおける考え方や選択肢は多様化し、時には予期しない形で変化もします。そして日々、さまざまな一歩が生まれています。

私たちは、スペースシェアをあたりまえの選択肢にすることで人々の発想を広げ、多様なチャレンジを生み出し、世の中を面白くします。

URL:https://spacemarket.co.jp/company/vision

 

▼サスティナビリティへの貢献

スペースマーケットはあらゆるスペースを1時間単位で貸し借りできるプラットフォームです。
スペースを「所有ではなく利用」「占有ではなく共有」することにより様々な社会課題解決に貢献します。
事業を通じて、下記のSDGs目標達成に向けて取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

URL:https://spacemarket.co.jp/ir/sustainability

 

▼代表取締役社長 重松からミッションのアップデートに向けての思い

スペースマーケット創業時から「何のためにスペースマーケットは存在し、どういう世界を目指すのか?」ということを考え抜き、20147月に最初のビジョン・ミッションを策定しました。
昨年12月に東証マザーズ上場を果たして会社として新しいスタート地点に立ち、これから会社として更なる高みを目指して成長していくために、今回のミッションのアップデートとサスティナビリティへの貢献を策定しました。 スペースシェアという選択肢をあたりまえにすることで、多様なチャレンジを生み出し、世の中を面白くしたいと考えています。
また、今後も歩みを止めずに成長するとともに、持続可能な社会を実現するために邁進してまいります。

代表取締役社長
重松 大輔

 

■株式会社スペースマーケット
所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1
代表者:代表取締役社長 重松 大輔
証券コード:4487
設立日:2014年1月
事業内容:スペースシェアリングプラットフォーム「スペースマーケット」の運営

URL:https://spacemarket.co.jp/