スペースマーケット“間借りレストラン応援プロジェクト”始動 第一弾:ホテルや飲食店スペースを活用し 店舗を持たないシェフによる「間借りカレー」店が2日間限定開店

2020/9/2Release

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペースマーケット“間借りレストラン応援プロジェクト”始動

第一弾:ホテルや飲食店スペースを活用し

店舗を持たないシェフによる「間借りカレー」店が2日間限定開店

日時:9月12日(土)・13日(日)  場所:渋谷・三軒茶屋・上野などホテルや飲食店で開店

 

あらゆるスペースを貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を運営する株式会社スペースマーケット(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:重松大輔、以下「スペースマーケット」)は、「間借りレストラン応援プロジェクト」を開始いたします。

第一弾として、スペースマーケットが、ホテルや飲食店舗などの店舗を持たない5組のシェフと飲食店舗やホテルの遊休スペースをマッチングし、2020年9月12日(土)・9月13日(日)の2日間、都内5カ所で「間借りカレー」店が開店します。

「間借りレストラン」とは、店舗を持たない方や自身が働く店舗とは異なる場所や業態で店舗を運営したい方が、営業時間外の飲食店舗やレンタルキッチンなど借りて飲食を提供する営業形態です。借りる側は、利用時間に応じた料金を支払うだけで、物件契約のための初期費用、店舗工事費や食器・調理器具などの設備投資の負担なく飲食店を始めることができます。また、貸す側は、営業時間外の店舗スペースを活用して収益をあげることが可能です。

昨今、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出自粛などの影響で、収益の見込みが立ちづらいことから初期費用がかかる飲食店の開業は困難な状況にあります。このような状況を受け、スペースマーケット」に掲載されている1300件以上の飲食店(営業許可を所有している遊休スペース)を活用した「間借りレストラン」という新たな選択肢を提案し、これから飲食店の開業を目指す方を応援するべく、「間借りレストラン応援プロジェクト」の開始に至りました

 

▼「間借りカレー」シェフ紹介(一部抜粋)
高校の同級生で目指す飲食店経営。10年来の夢実現の足がかりに、初の3人共同出店

岡山県の高校、調理科出身の同級生25歳。学生時代から3人での飲食店開業を目指しており、現在は調理・営業・マーケティングの経験を積むためそれぞれが都内で修行中。2年後の開業を目指し、初めて3人体制で営業する間借りレストランに挑戦。

10年副業続けるパラレルワーカー。コロナ影響で断念したバー開業の代替手段を模索

週5日会社員として働きながら、10年副業を続けるパラレルワーカー。
2020年2月に予定していたバー開業をコロナ影響で計画変更。
固定の場所を所有せず、必要な時にコンセプトに適した場所を選べる間借りに魅力を感じて挑戦。

 

▼2日間限定!5組のシェフが腕を振るうオリジナルカレー店

「東京・間借りカレー特集 」:

https://event.spacemarket.com/magazine/news/tokyo-magari-curry/

※上記の特集ページから事前に参加チケットを購入することが可能です。

今後もスペースマーケットでは、飲食業界におけるスペースの「間貸し」「間借り」を気軽に行える環境を整備し、飲食店の遊休資産の収益化支援ならびに出店希望者の新たなチャレンジを応援するため、貸す側、借りる側の双方がスムーズにマッチングができるようサポートして参ります。

 

【感染対策について】

各店舗では、スペース利用ガイドラインに沿った感染対策を実施し開催をいたします。ご来店いただく皆様には、混雑を避けるため、事前に参加チケットの購入を推奨しております。

スペース利用ガイドライン:https://help.spacemarket.com/hc/ja/articles/900001022686

■スペースマーケットとは
掲載スペース数は現在1万3000件を超え、時間貸しプラットフォームサービスの中では掲載数において日本最大です。スペースのジャンルは、イベントスペース、会議室、撮影スタジオ、映画館、住宅等、多岐にわたります。
URL:https://www.spacemarket.com/

会社名:株式会社スペースマーケット
所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 
代表者:代表取締役社長 重松 大輔
証券コード:4487
設立日:2014年1月
事業内容:スペースシェアリングプラットフォーム「スペースマーケット」の運営
URL:https://spacemarket.co.jp