ハーバード・ビジネススクールのケーススタディにスペースマーケットが採用されました

2022/4/5News

あらゆるスペースを貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を運営する株式会社スペースマーケット(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:重松大輔、以下、スペースマーケット)の事業取り組みが、ハーバード・ビジネススクールのMBAの選択科目“Making Markets”において、アントレプレナーシップ・マネジメント部門に属するScott Duke Kominers准教授により日本国内の企業事例として取り上げられました。

 

企業事例の中では、スペースシェアという新しい市場を創造した企業として、経営者、社員をはじめ、ホスト・ゲストへのインタビューを紹介いただきながら、これまでの成長の過程が紹介されています。

 

2022年4月4日に実施された授業には、代表取締役 重松とCSO 井上も参加し、学生からの質疑に回答させていただきました。なお、ケースについては今後一般向けに販売されることが予定されておりますので、追ってご案内をいたします。

 

 

スペースマーケットとは

「チャレンジを生み出し、世の中を面白くする」というビジョンを掲げ、スペースシェアの文化創造、拡大に取り組む企業です。スペースを貸し借りするプラットフォーム「スペースマーケット」には、全国19,000件以上のスペースが掲載され、国内最大規模となります。住宅、古民家、会議室、撮影スタジオ、映画館、廃校など多岐にわたるスペースが、撮影、会議、イベントなどに利用されています。

URL:https://www.spacemarket.com/

 

会社名:株式会社スペースマーケット
所在地:東京都渋谷区神宮前6-25-14 JRE神宮前メディアスクエアビル2F
代表者:代表取締役社長 重松 大輔
証券コード:4487
設立日:2014年1月
事業内容:スペースシェアリングプラットフォーム「スペースマーケット」の運営

URL:https://spacemarket.co.jp