スペースマーケット、官民連携で「武雄市図書館」など佐賀県のユニークな公共施設や文化財を活用した イベントアイデアを募集開始

2015/10/13News Release

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペースマーケット、官民連携で「佐賀県」への移住促進プロジェクトを実施

「武雄市図書館」など佐賀県のユニークな公共施設や文化財を活用した

イベントアイデアを16()より募集開始

2015年10月13日

株式会社スペースマーケット(本社:東京都新宿区 代表取締役CEO:重松大輔 以下「スペースマーケット」)は、行政4団体(佐賀県/武雄市/鹿島市/嬉野市)及び民間4社(株式会社クラウドワークス/株式会社サーチフィールド/株式会社エイチ・アイ・エス/特定非営利活動法人価値創造プラットフォーム)と共同で、「知ろう、行こう、住もう 佐賀プロジェクト」と題した、地域との接点創出を軸とした移住喚起のための取り組みを開始します。

これをきっかけに、スペースマーケットは、佐賀県、武雄市、鹿島市、嬉野市の協力の下、これまではイベント会場としての貸し出しが行われていなかったユニークなスペースの活用を促進し、プロジェクト参加団体と共にこれらを活用したイベントアイデアの募集を行うことで、同地域の新たな魅力を全国に発信します。

アイデア募集対象スペース:https://spacemarket.com/features/saga

takeol

〈アイデア募集スペース例:武雄市図書館〉

.本取り組みの背景とねらい

地方が抱える人口減対策の一つして、人口が集中する首都圏からの移住促進が挙げられますが、従来、移住促進施策の多くは「住む」意向が既にある方を対象とした支援が中心でした。

本プロジェクトでは、地方での暮らしに興味をもつ潜在層や地域と関わりのなかった方を対象に、同地域のことを「知る」接点と「行く」きっかけを創出することに主眼を置いています。佐賀の豊かな暮らしに触れてもらうことで、移住意向の喚起を目指します。

 

2.「 知ろう、行こう、住もう、佐賀プロジェクト」の概要

本プロジェクトでは、下記3つを軸に、佐賀県西部地域(武雄市/鹿島市/嬉野市)を「知る」「行く」きっかけづくりと、移住意向喚起を目指します。

①佐賀県(西部地域)の「プレミアスペース」を活用したイベントアイデアコンテスト

②「行こう、知ろう、住もう 佐賀フェスタin東京」(1122日)の開催

③コンテスト受賞イベントアイデアの実現

 

佐賀県西部地域でのイベントアイデアコンテストについて

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」(http://crowdworks.jp/)の全国約74万人のユーザーに対し、多くの方が「佐賀県に行きたい!」と感じるような、佐賀西部地域の「プレミアスペース」を活用したイベントアイデアを募ります。これによって、応募者に佐賀県西部地域を「知る」接点を提供するとともに、同地域の魅力の発見につなげます。

【佐賀県西部地域の「魅力的なスペース」】

佐賀県、武雄市、鹿島市、嬉野市の協力の下、スペースマーケットが発掘。これまではイベント会場としての貸し出しが行われていなかったユニークなスペースが活用できるようになることで、同地域の新たな魅力を全国に発信するイベントの実現につなげます。

アイデア募集スペース詳細:https://spacemarket.com/features/saga

酒蔵 (1)

浜宿 東蔵(鹿島市)

歴史と風情のある肥前浜宿の明治時代の酒蔵。

漬物

浜宿 漬物蔵たぞう(鹿島市)

明治創業の老舗漬物専用の蔵。レトロな雰囲気にリニューアル。

焼き物

志田焼の里博物館(嬉野市)

国内最大級の釜。大正・昭和期の施設や道具が残る。近代化産業遺産。

忍者

忍者村肥前夢街道(嬉野市)

江戸時代を再現した歴史体験型テーマパーク。

takeol

武雄市図書館(武雄市)

吹き抜けの空間に明るい光が差し込み、書籍が美しく陳列された画期的な図書館。

温泉門

武雄温泉通(武雄市)

武雄温泉のシンボル。東京駅を設計した辰野金吾の設計で大正4年完成。

庭園

御船山楽園(武雄市)

春はつつじ、桜、大藤が咲き誇り、秋には紅葉を楽しめる。 国登録記念物。

竹林

御船山楽園 竹林亭(武雄市)

御船山楽園の中に佇む、数寄屋造り純和風旅館。

【コンテスト概要】

  • 募集内容: 佐賀県西部地域の「魅力的なスペース」を活用したユニークなイベントアイデアを募集
  • 募集期間: 1016日(金)~111日(日)
  • 最終候補10案の発表: 1113日(金)
  • SNSでの事前投票期間: 1113日(金)~20日(金)18:00まで
  • 最終選考及び結果発表: 1122日(日)「知ろう、行こう、住もう、佐賀フェスタin東京」内で実施
  • アイデア募集ページ: http://crowdworks.jp/public/jobs/411634 ※募集開始日(1016日)公開予定
  • 報酬・副賞:

グランプリ: 30,000円、佐賀牛
武雄市賞: 5,000円、肥前黒牟田焼
嬉野市賞: 5,000円、嬉野茶と茶器セット
鹿島市賞: 5,000円、鹿島の地酒    報酬は税抜き

 

②「行こう、知ろう、住もう 佐賀フェスタin東京」について

首都圏在住者に佐賀県西部地域との接点を提供し、その魅力を発信することを目的に、1122日(日)、佐賀県西部地域の人とモノに触れるイベントを開催します。

イベントでは、①のアイデアコンテストの最終選考を行うとともに、佐賀県西部地域の風土や人々の暮らしの紹介、各自治体による移住相談会の他、クラウドソーシングを活用した佐賀県での新しい働き方と移住成功事例や、佐賀県の魅力とスペース活用の可能性についてのトークイベント、特産品の販売など、同地域の「人」と「モノ」に触れ合う機会を提供。「いい夫婦の日」にちなんだ企画も開催いたします。

【イベント概要】

  • 日時: 20151122日(日)13:0017:00(入退場自由)

※イベントアイデアコンテストの最終投票受付は1500まで。結果発表は16001700に実施

  • 場所: 移住交流ガーデン(東京都中央区京橋1丁目1-6越前屋ビル1FB1F
  • 内容(予定):

-展示
佐賀県西部地域の「魅力あるスペース」を紹介するパネル展示
「佐賀県西部のいい夫婦」をテーマにしたスライド展示
-トークイベント
「クラウドソーシングを活用した佐賀県での新しい働き方」(株式会社クラウドワークス)
「佐賀県の魅力とスペース活用の可能性」(株式会社スペースマーケット、各自治体代表者)
-イベントアイデアコンテスト
最終投票受付(13001500
結果発表会(16001700
-ブース
武雄市、嬉野市、鹿島市による移住相談会/佐賀県による就職相談会
株式会社エイチ・アイ・エスによるツアー紹介
地酒試飲会(鹿島酒蔵ツーリズム®・光武酒造など)/佐賀県の特産品紹介・販売
特産品がもらえる抽選会(※イベントアイデアコンテストへの投票参加者対象)

  • 入場料: 無料
  • 申込方法: 下記より事前申込をいただいた方には、粗品を進呈 (事前申込なしでも入場可能)

URL http://peatix.com/event/119840/

③コンテスト受賞イベントアイデアの実現について

イベントアイデアコンテストの受賞アイデアをもとに、佐賀県で活動する特定非営利活動法人価値創造プラットフォームをはじめプロジェクト参加団体がイベント企画を実現可能なものとして具体化。行政4団体の後援の下、株式会社サーチフィールドが運営する地域・地方に特化したクラウドファンディングサービス「FAAVO」を通じて資金面での支援を募る他、株式会社エイチ・アイ・エスがイベント参加を絡めた佐賀県西部地域へのツアーを企画・販売するなど、官民一体となって社会全体を巻きこんだ佐賀県西部地域との接点づくりに取り組みます。

 

3.「知ろう、行こう、住もう、佐賀プロジェクト」参加団体

  • 佐賀県、武雄市、鹿島市、嬉野市
  • 株式会社スペースマーケット、株式会社クラウドワークス、株式会社サーチフィールド
  • 株式会社エイチ・アイ・エス、特定非営利活動法人価値創造プラットフォーム

 

  1. スペースマーケットについて(https://spacemarket.com/)2014年4月にサービスを開始した「スペースマーケット」は、お寺から野球場、結婚式場、古民家、お化け屋敷まで、ユニークなスペースを簡単にネットで1時間単位から貸し借り出来るマーケットプレイスです。「世界中のあらゆるスペースを自由に流通させ、新たな価値を創造する」ことをミッションとしています。提供するiOSアプリは2015年グッドデザイン賞を受賞しました。
    法人や個人が、何かを仕掛けたりチャレンジしたりする時には必ず場所が必要です。スペースマーケットは、魅力的な場所をスムーズに提供することで、チャレンジする人を応援し、世の中を面白くしたいと思っています

スペースマーケット運営会社】
社名:株式会社スペースマーケット
代表者:代表取締役CEO 重松大輔
URL
https://spacemarket.com/
所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502
設立: 2014  1  18 

【スペースマーケット問い合わせ先】
株式会社スペースマーケット 担当:端山(はやま)
TEL&FAX:03
−6304−5618  MAIL:pr@spacemarket.co.jp