IR

トップメッセージ

株式会社スペースマーケットは、2019年12月20日、東京証券取引所マザーズ(証券コード:4487)へ上場いたしました。謹んでご報告申し上げるとともに、皆さまのご支援に心から感謝申し上げます。

私たちは2014年の創業以来、「チャレンジを生み出し、世の中を面白くする」というビジョンを掲げ、ミッションである「世界中のあらゆるスペースをシェアできるプラットフォームを創る」ために一丸となって精進して参りました。

人々が何かをしようとするとき、そこには「場所」が必要です。さまざまな場所が1時間単位で、オンデマンドで貸し借りできるという、これまでになかった仕組みとテクノロジーによって、遊休不動産に新しい価値を生んできました。

そして、人口減少・少子高齢化、そして空き家・空きビル問題が深刻化する中、既存の資産を活かしながら、どう経済成長させていくかという、ひとつの解決アイデアが「スペースシェア」だと考えています。

これまで、世の中の変化によって「住まい方・働き方・遊び方」などに多様な価値観を持つようになった現代の人々に対し、スペースの新しい使い方を提案し、スペースマーケットのユーザーの皆さまと共に、スペースシェアの文化を創造してきました。

私たちが思い描くのは、成熟した世の中において、多様な価値観が受容され、ひとりひとりが個性を活かしながら輝く世界。昨今、テクノロジーや価値観の大きな変化により「暮らす・働く・遊ぶ」それぞれのシーンにおいて、選択肢がひろがり、それにまつわる「場所」への考え方の変化も加速しています。

「スペースシェア」の文化は、世の中のトレンドや変化に対して柔軟にフィットし、その時代のニーズを受容しながら、発展する過程にあります。

私たちは、スペースシェアのプラットフォームである「スペースマーケット」を、より人々の生活を豊かにするサービスとなるよう、謙虚に挑戦し続けることで、持続的な収益成長を目指し、ビジョンの実現に一層邁進します。そして、シェアリングエコノミーを推進すると共に「社会の公器」として中長期での企業価値向上に務め、世界に通用する会社へと成長していきたいと考えております。

株主・投資家の皆さまにおかれましては、今後とも当社へのより一層のご指導・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019年12月20日 代表取締役重松 大輔
代表取締役写真